<< out of reach | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

home sick ...the get up kids tribute...from me...

君が話していた9年前のこと

恋うべき人を探して夜も眠れず詩を唄っていた時

僕は何も知らずに ただ君が傍に居てくれたことに浮かれていた

そう、ただ嬉しくて、何も気付けないまま 

小さな空間で同じ瞬間を過ごしていた


今は僕が僕の想いに戸惑っている

諦めた未来に勇気を見出せないのは相変わらずに

君が感じていたあの時の寂しさを 

誰よりも僕が感じているように孤独と向き合っている


悲しさという感情は日々膨らんでいく 

寂しさという心情は日々募っていく

君を想う気持ちがその僅かな心の中で未だに歌い叫んでいる


気持ちに置き換えられた魂が人に通じるのかは誰にも解らない

けれど、伝わりあう理由に言葉の限りはなく

いつの間にかお互いを支えていることはあると想う


君が僕達の出逢いを一つの世界に呼び込んでくれた

誰も居ない独りの空間の傍で僕は静かに見守っている


今日よりも少し良い“明日”に望みを忘れないようにして

昨日の涙は悔しさと共に溢れる愛情の奥に身を隠して

手を繋ぐことはできなくても 君の温もりはリズムと音に重なるから


僕はこの瞬間に信じている 君の存在に想いを重ねてる



未来を豊かなものに作り変えるのはとても難しいことだけれど


君を想う気持ちにほんの少しの安らぎと途絶えることのない道があれば

僕はいつでも君の傍に居られる そう、君の傍に居続けたいんだ


過去に囚われた自らの痛みを全て拭うことはできなくても

君の声が、君の詩が、君のメロディが、


君達のメロディが僕を癒してくれる


僕はまだ、本当の僕を知らない


僕はまだ、本当の僕を知らないのかもしれない


君を探すように 僕が僕自身の姿を探せるようになれば

月は太陽に近づけるのかもしれない


一つの輝いた朝日と、沢山の夕日の区別さえもつかないくらい



それは温かい色と澄んだ空気に包まれて呼吸と共に生を育んでいく


流れていく


続いていく





dear...matt...


dear....the get up kids....



I remember....



 
emoscore * 否定だらけの人生の詩1。 * 20:24 * comments(0) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:24 * - * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ