<< ROLLIN' STONE | main | ふぁみりあ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

lose yourself

oh...


僕はいつだって同じことばかり繰り返してるのさ

例えば君がその瞬間の想いだけで 僕に優しい笑顔を見せてくれたとき

僕は素直にそれを信じてしまうけれど 考えれば考えるほど単なる“愛想”だってことに気付く

僕が君を利用するように 君は僕を利用しているんだ


人と人の関わりなんて ほんとは誰かの思惑をかなえる為のものでしかない

傷付いた痛みを感じていても 君に愛しさを感じていても

そういう柵だけはいつも付き纏ってしまうもの それを受け入れないと

いざという時の、君にだけしか伝えられない言葉さえも見失ってしまうんだ


生まれたばかりの赤ちゃんの感情表現はとても純粋で

ただ愛を感じて欲しているだけなのに 都合の良いオトナたちが

どうしようもなく戸惑っている“人”という大人たちの余裕の無さにまきこまれて

いつしかその純粋さを失って気遣うという大人の世界を知るようになっていく


僕はそれでもまだ何も解らない、解っていないような不思議な空気を吸いながら

なんとかこの世界で生きようと 半ば諦めモードで日々を過ごしているけれど


ほんとはほんとに 何をどうすべきかも 何をどう感じるべきかも

何を何と想うことさえも解らないまま 


oh...
emoscore * 否定だらけの人生の詩1。 * 21:12 * comments(1) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:12 * - * -

コメント

管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2011/08/27 12:40 PM
コメントする









このページの先頭へ