<< little mis sunshine | main | lose yourself >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ROLLIN' STONE

 喧嘩という言葉の想いに意味はなく

ただ一つだけ怒りと失望の中で揺れてるだけ

君がいう罵るための馬鹿な単語を並べてみても

それは僕にも君にも何にも響かない


周りで素直に受け止めるヤツにはとても迷惑な話だ

当の本人でさえ実はそれを解って言い争っているんだ

なぜそんな下らないことを繰り返すんだろう 人間ってヤツは

それほど誰かに自分を解ってほしいと求めているのか


人生というものを探してみればみるほど

楽しいことよりも悲しいことに目を向けてしまう

詰まらない自分だって想う性格もあるけれど

気付かないうちに環境と意志とで境目が解らなくもなっている


ただ想い描く愛しさの感情というものは

とても些細な小さな夢という温もりで

例えばそれが僕にとってはかけがえのない優しさというもので

君が僕の手を握ってくれる そんなことが何よりも愛情を感じられる証となって


でも、それもまた僕だけのエゴに通じる問題なんだ


空が暗くなればなるほど 真昼の明かりが夜の静けさに変わるころ

僕は人知れず僕の心だけを感じて そう 時には敢えて誰かに喧嘩を吹っかけるんだ


僕自身の傷跡も 君への優しさも 全てを忘れて投げやりになって それを楽しむんだ


たまにはそうしないと僕は僕のコントロールを失ってしまう

それがホントは君へのコントロールにも繋がるものだと知っている


君が君の自由を求めたとき ただ振り回されるのはゴメンだ


そうなんだ、僕は僕の心配しかできないということだ でもそれは あくまで“お互い様”なんだ


なんて情け無い、下らない人生をおくってるんだ


転がり落ちれば僕はどこで止まることができるのだろうか その答えだけを探している
emoscore * 否定だらけの人生の詩2。 * 19:55 * comments(0) * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:55 * - * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ