スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

way to go

この作品も採り上げるのは2度目か、
また何となく改めて聴こうかと思いたつ。

最近は「美」の中に存在する感覚を探している。

私自身は全くに無頓着な程に着飾りもせず酷いものだが、
感性というものに対しては輝きという意味で意識しているかもしれない。

真実とは、繊細な心に宿る魂の表れ。

これが私らしい答えかなと思いつつ、
美しいものも汚れたものも一つのカタチだから曖昧なまま。

って、何に問いかけてるのかさえも解らないのに(苦笑)

エリオットスミスの、この作品の雰囲気が正に「繊細」と「美」。

きっと本人は感情のままに、良い作品の為だけに作っただろうが、
何故か心に響くメロディを感じた時に綺麗さも感じるんだよね。

それも不思議な世界、でも凄く日常的。

音楽って時には密接に、時には手の届かないものでもあり、
結局に残る感情は音を発せずともリズム感に変化して声になったり。

彼の雰囲気は脆くも逞しくもない、ただ自然に音が集まり歌ってる。

嗚呼、

っと一緒に口ずさんでみたりして、私も気分を味わう。

Figure 8
Figure 8

emoscore * 癒す音楽(慕情その1)。 * 02:20 * comments(0) * -

amy millan

心のゆとりが欲しい。

何となくmazzy starにも通じるような癒し系。

2曲目の「skinny boy」がラジオで掛かっていて気になって、
ドラムやアコギの音作り感が心地よくて、
少し気だるい歌声が素朴に感情的で良い。


いつも休日に時間が空くと、
現実逃れのように無理やり眠り込もうとする私の癖。
でも眠り過ぎると身体が宙に浮かんだようにダルすぎて、
仕事始めの月曜日は何故か毎回に気分が沈んだりもする。


盆休みは何処か旅行に行きたいな〜と思いつつ、
これと言った場所が見つからなくて予定も立てていない。

結局、人生って行き当たりばったり。

何でも変に先のことばかり深読みする私だけれど、
考えても気持ちは絶えず変化するし、
その時に思いつくままに行動することが多い。

前の会社を辞めた時も、
ずっと辞める×2って言い続けながら、ある程度に最後まで居たし。

とにかく、マイペースになろう。

相変わらず怠け者なままに生きているけれど、
少しずつ小さな変化を積み重ねていけばいいか。

そうすれば今よりは生きる力が強くなるかもしれない。

はい。

ただの目覚めに持て余した時間でした。


Honey from the Tombs
Honey from the Tombs

emoscore * 癒す音楽(慕情その1)。 * 06:55 * comments(4) * -

BGM

眠れない...またっ!!

もう夜中なのに目が覚めて、
身体はダルイし、しょぼしょぼな瞳に疲れて蹲る肩。

あぁ〜あ。


そんな訳で、まったりと音楽を聴きながら癒していく。

ニックドレイクの作品はこれしか知らないけれど、
今改めて聴くと、何だ、この良い音楽は!!

メロディや歌声も良いけれど、
アコギの弾き語りや時折ドラマ性を盛り立てる音の構成が素晴らしい。

夜更けには優しく、
朝日が昇るのを信じて希望の光を待ってみようか。

ファイヴ・リーヴス・レフト
ファイヴ・リーヴス・レフト

emoscore * 癒す音楽(慕情その1)。 * 02:55 * comments(0) * -

SNOW PATROL

久々に聴いた。

アメリカ旅行した時にニューオリンズで買ったのをよく覚えている。
試聴して心に響くものがあって、どこか記念の為にもなった。
と言ってもイギリスのバンドだけれど(笑)。

幻想的な雰囲気があって、ほろ酔い気分になる朝日のイメージ。
何処と無くGLORIA RECORDとも重なるかもしれない。

暗闇から光を待ち望む、癒しを求める君へ。

Music Video Codes by VideoCure.com


Final Straw
Final Straw

emoscore * 癒す音楽(慕情その1)。 * 02:47 * comments(3) * -

hearts

そういえば、もう4月か。

桜の季節、新たな生活を迎える人たち、
周囲では花見やら祭りで忙しく生きている。

私は今、気付いた。
忘れていても時間は流れる。
遅い、置いてけぼりになったままの状態。
生き急ぐ必要は無いけれど、
止まりすぎると余計に後退する。

それでも、沢山の人が見落としている大切なことを、
ずっと考え続けていきたいと想像する。

今日は晴れやかに気持ちのいい天気、
そろそろ冬眠から覚めても良い頃だ。

まずは静かに、
癒しと感情を散りばめたメロディを聴きながら、
心のゆとりを増やしていく。

lyndsay diariesのこの作品は、
今の時期にとてもよく似合うような、
何処か冷たく枯れた雰囲気と、
ひたすらに優しい景色が感情と共に耳に響く。

Tops of Trees Are on Fire
Tops of Trees Are on Fire

emoscore * 癒す音楽(慕情その1)。 * 07:41 * comments(0) * -

MAZZY STAR

そしてまたMAZZY STARに戻ってくる。

何故だろう、やけに聴きたくなる瞬間が続く。

ほんとは少しだけ疾走感があればと想うこともあるけれど、
このサイケ音楽、何よりもHOPE SANDOVALの歌声とアコギの弾き語りの音が、
耳に心地よく癒しと共に斬新なカタチで伝わる。

今でも彼らの音楽を聴き続けている人、
又は最近に知って好きになりつつある人はどれだけいるのだろう。

私が彼らの音楽に出逢ったのは高校生の時で、
それ以前に発表されていた作品だけれど、
他の音楽とは一線を置く独創性と芸術性を聴いた瞬間に感じた気もする。

もっと沢山の人に受け入れて欲しい音楽、
でも極端なほど好みが分かれそうな難しさもありそう。

ただ純粋になれる瞬間、そんな響き。

ずっと続けて聴いていると多少は違う方へ手を延ばしたくなるけれど、
妙に忘れられない、離れられないドラッグ感が心地よく安心のできる薬となる。

やすらぎ、

眠り続けるまえに聴き入ろう、そして全てを無にしよう。

特に好きな曲↓
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=52673796

Among My Swan
Among My Swan

emoscore * 癒す音楽(慕情その1)。 * 23:01 * comments(0) * -

antony and the johnsons

アマゾンでSUFJAN STEVENSやMAZZY STARの作品を購入したことから、
この作品が私あてのおすすめ商品として紹介されていた。

何となくジャケットに惹かれながら試しに聴いてみると、
どつぼに嵌る美しいメロディを奏でながら、
綺麗というよりは低く流れるような少し意表をついた歌声が響いていた。

MAZZY STARとも重なるように静かな世界の中に、
独特の美徳と輝く妖しさの雰囲気を持ち合わせる音楽。

私は最近またMAZZY STARに改めて嵌っていて、
そんな時だからこそ、この作品も馴染みやすく
真っ直ぐに良さに気付くことが出来たような気がする。

今までの私なら疾走感が無さ過ぎて物足りなさを感じていただろう。
少しは勢いを求める気持ちも否めないが、
この美しさに感動をするだけでも充分だ。

きっと聴く度に好きになっていくだろう、
そして何故かベートーベンの「月光」を連想し聴く方へ向かってしまう。

I Am a Bird Now
I Am a Bird Now

emoscore * 癒す音楽(慕情その1)。 * 22:43 * comments(0) * -

jack johnson

そして、だんだん眠くなってきた(笑)

...という訳で、やっぱり癒し系の音楽を聴きたくなる。

これもまた、彼の音楽の中では一番よく聴いている良い作品だ。

6曲目のアコギやメロディや歌声が私の理想にも近く、
何度も繰り返し聴いてしまうけれど、もちろん他の曲も良いものばかり。

では少し横になって、静かに心を浸らせてみようと思う。

In Between Dreams
In Between Dreams

emoscore * 癒す音楽(慕情その1)。 * 00:20 * comments(4) * -

amandine

これは良い。

前に試聴して気に入って注文して今日に届いたばかり。
それで今に聴き始めたばかりだけど、
綺麗なままに感情が込められていて凄く良い音楽だ。

THE NEW AMSTERDAMS系の素朴な雰囲気と
星空を眺めるような美しさが音に感じられる。

また一つ、良い作品に出逢えたことに感謝したい。

現実世界の歪みから解放してくれるように癒される。

とても柔らかい。

myspace.comで何曲か試聴できます↓
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=25182307


This Is Where Our Hearts Collide
This Is Where Our Hearts Collide

emoscore * 癒す音楽(慕情その1)。 * 01:02 * comments(0) * -

xavier rudd

私の好きな色はオレンジ。

最初はxavier ruddの、この作品のジャケットを凄く気に入って、
どんな音楽かなと聴いてみればイメージ通り、私の好みに合う音楽だった。

ジャックジョンソンなどのアコースティックな雰囲気で、
ギターや歌声の感性がサブライムに近いものもあって、
こんなふうに音楽を楽しめたら最高だなぁ〜と想いが募る。


myspace.comで何曲か試聴ができます↓
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=6059331

公式サイトはこちら↓
http://www.xavierrudd.com/flash.html

Solace
Solace

emoscore * 癒す音楽(慕情その1)。 * 11:16 * comments(0) * -
このページの先頭へ