スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

home sick ...the get up kids tribute...from me...

君が話していた9年前のこと

恋うべき人を探して夜も眠れず詩を唄っていた時

僕は何も知らずに ただ君が傍に居てくれたことに浮かれていた

そう、ただ嬉しくて、何も気付けないまま 

小さな空間で同じ瞬間を過ごしていた


今は僕が僕の想いに戸惑っている

諦めた未来に勇気を見出せないのは相変わらずに

君が感じていたあの時の寂しさを 

誰よりも僕が感じているように孤独と向き合っている


悲しさという感情は日々膨らんでいく 

寂しさという心情は日々募っていく

君を想う気持ちがその僅かな心の中で未だに歌い叫んでいる


気持ちに置き換えられた魂が人に通じるのかは誰にも解らない

けれど、伝わりあう理由に言葉の限りはなく

いつの間にかお互いを支えていることはあると想う


君が僕達の出逢いを一つの世界に呼び込んでくれた

誰も居ない独りの空間の傍で僕は静かに見守っている


今日よりも少し良い“明日”に望みを忘れないようにして

昨日の涙は悔しさと共に溢れる愛情の奥に身を隠して

手を繋ぐことはできなくても 君の温もりはリズムと音に重なるから


僕はこの瞬間に信じている 君の存在に想いを重ねてる



未来を豊かなものに作り変えるのはとても難しいことだけれど


君を想う気持ちにほんの少しの安らぎと途絶えることのない道があれば

僕はいつでも君の傍に居られる そう、君の傍に居続けたいんだ


過去に囚われた自らの痛みを全て拭うことはできなくても

君の声が、君の詩が、君のメロディが、


君達のメロディが僕を癒してくれる


僕はまだ、本当の僕を知らない


僕はまだ、本当の僕を知らないのかもしれない


君を探すように 僕が僕自身の姿を探せるようになれば

月は太陽に近づけるのかもしれない


一つの輝いた朝日と、沢山の夕日の区別さえもつかないくらい



それは温かい色と澄んだ空気に包まれて呼吸と共に生を育んでいく


流れていく


続いていく





dear...matt...


dear....the get up kids....



I remember....



 
emoscore * 否定だらけの人生の詩1。 * 20:24 * comments(0) * -

out of reach

あれからもうどれくらいの月日が流れたのだろう

君のことを思い始めてから どれだけの想いを繰り返して今もこうして続けているのだろう

君は決して僕に想いを委ねることは無かったから 僕も本当の自分を曝け出すことはなかったのかもしれない

けれど、君という存在が僕の傍にあって 僕だけの傍という存在に満たされていたのは事実だ

 

周りを見渡せば 人の表情も景色に生きるすべてのものも

時には輝いて見えたり色褪せて見えたりしながら生きている

 

気付けば僕は今までいったい何を残してきたのだろう

何を伝えてこれたのかを考えると虚しくなるほどに何も残せてはいないだろう

 

ただいつも、キモチの傍に居るのは君の存在で君の笑顔で君の涙で

繰り返される日常の中で止められないキモチとか感情というものを僕なりに隠してきたこと

今でもまだ何も伝えられていないこと あまりに自信が無さ過ぎて自分の未来にさえ希望が持てないまま居ること

君があの時、僕の傍から去って行った一度の過去をずっと忘れられないでいること

 

何に縋るでもなくお酒とかどうでもいい煙草の匂いとか終わることのない始まりに身を投げ出して

静かに孤独を語るかのように逃げ道を探しては言い訳を口にしてみるだけ

 

僕は君を想っている 君を好きなんだ けれど、けれど、けれど、僕には受け止める勇気がなくて

 

勇気がなくて、勇気を恐れて、下らない世の中に振り回されて自分を見失いそうになって 今こうして、

 

意味も無く佇んでいる 意味を求めて君を探している 意味を信じて僕を疑っている

 

 

 

 

emoscore * 否定だらけの人生の詩1。 * 10:52 * comments(0) * -

with the money...

 

夢の中でも離れることの無かった、あなたの面影

私はもう受け止める勇気も覚悟も持てない

中途半端に生きてる 言えることはそれだけ


例えばほんの少し 私に優しく接してくれたとしても

その想いがきちんと心に響いても それは偽善でしかない


あなたは優しすぎるのかもしれない 愛を伝える術を知らないのかもしれない

今まで受けてきた痛みが あなた自身を傷付けているのかもしれない


だから、何故? 私はただ理由を知りたかった

周りの雑音に振り回されることなく 良くても悪くでもどっちでもいい

あなた自身の声を聞きたかっただけなのに


あなたは幼い私には心を開いてはくれない

私がオトナになるよう努力をしたとしても

きっと想いの深さは解り合えないのだろう


私はまだ幼くて 私だけの重圧に束縛されてる

このままじゃ、命の力さえも信じられなくなって

眠れない夜に涙を流すことも出来なくなって

傷付いた、傷付けたこの腕のキズには言葉もなくて


見失った時間をただ悲しく、虚しく感じるだけ


あなたは私の母親なのに




あなたと通じ合える時間を過ごすのに必要なものは




ただ、人生




諦めることだった

 

emoscore * 否定だらけの人生の詩1。 * 19:04 * comments(0) * -

lose yourself

oh...


僕はいつだって同じことばかり繰り返してるのさ

例えば君がその瞬間の想いだけで 僕に優しい笑顔を見せてくれたとき

僕は素直にそれを信じてしまうけれど 考えれば考えるほど単なる“愛想”だってことに気付く

僕が君を利用するように 君は僕を利用しているんだ


人と人の関わりなんて ほんとは誰かの思惑をかなえる為のものでしかない

傷付いた痛みを感じていても 君に愛しさを感じていても

そういう柵だけはいつも付き纏ってしまうもの それを受け入れないと

いざという時の、君にだけしか伝えられない言葉さえも見失ってしまうんだ


生まれたばかりの赤ちゃんの感情表現はとても純粋で

ただ愛を感じて欲しているだけなのに 都合の良いオトナたちが

どうしようもなく戸惑っている“人”という大人たちの余裕の無さにまきこまれて

いつしかその純粋さを失って気遣うという大人の世界を知るようになっていく


僕はそれでもまだ何も解らない、解っていないような不思議な空気を吸いながら

なんとかこの世界で生きようと 半ば諦めモードで日々を過ごしているけれど


ほんとはほんとに 何をどうすべきかも 何をどう感じるべきかも

何を何と想うことさえも解らないまま 


oh...
emoscore * 否定だらけの人生の詩1。 * 21:12 * comments(1) * -

little mis sunshine

 僕の目標は

僕が今まで受けたような傷を人には与えないこと

なのに現実の僕は

満たされない想いという束縛の中から

気付けば誰かに同じような傷を与えてしまっている


そして、その過ちに気付いた瞬間、僕の全てが罪と罰で覆われる


信じたくない、ただ信じようともしない

人と人との繋がりが 決して傷ばかりではないように

願いたい、そう願い続けたい

僕という存在にはまだ君への愛は確かなものには変えられない



僕が僕を愛することをしないかぎり

都合の良いだけの痛みで何かから逃げようとしているかぎり


きっと君は現れない
emoscore * 否定だらけの人生の詩1。 * 21:21 * comments(0) * -

weather

 何を恐れているのか

そんなことを考えても仕方ない

誰を信じようとも満たされない心は決して変わることはない

ここから始まる時間に残された安らぎはただ君の笑顔だけ


許せないことを永遠と議論しようとすればするほど

傷は癒えることなく膨らむばかり

でもそれに気付いている人はほんのごくわずか

ほとんどの人はただ自らの想いを託して押し付けようとするだけ


そういう僕もまだ想いを伝えることも 感情を素直に表現することも ままならない

想い返してみれば ただの一度も 胸を張るようなことはなかった

全ては否定や批判、自己犠牲に呑み込まれて 自ら呑み込むことを覚えようともして


この小さな手のひらに何を描いていけるのか 

今はただ傷跡を消すことに命を絶やすだけ

止まらない感情の起伏を少し緩める努力をするだけ


君が恐れを忘れると言った

恐れを感じていても何も変わらないし何を生むわけでもない

信じることを諦めるということは 自らの人生を壊すことに繋がる

僕はそれを自覚して 甘えた懐で受け入れようとしている


そんな時間を無駄に過ごして 今日もまた突然の怒りに戸惑う

言葉の半分というものが 行動の半分というものが

君がただ感じたということだけで 君がただ見過ごしたというだけで

僕の想いは感情に支配されて動き出す


するべきことを知らないまま したことだけを知り尽くしたまま
emoscore * 否定だらけの人生の詩1。 * 21:04 * comments(0) * -

I was there

 ひとりきり 部屋の真ん中 明かりもつけず 悲しい歌を唄ってる

誰に何を伝えればいいのか まだ解らないまま一日をやり過ごす

もう数え切れない程に時間を繰り返してきたけれど

楽しいこと 嬉しいこと 気付けば全てを見失っている


僕はただ弱虫と 自分に情けをかけ無理して受け止めようとしている

そんなくだらないことも 心には感じて 頭で考え過ぎてもいるのに

だから何をしようかと想えば 何もしないまま 無力に身体を休めてるだけ

君のこと 少しだけは ほんとに知りたいと思ったけれど


すぐ傍に小さな幸せは転がっているのかもしれない

もっと遠くに求めた愛が存在しているのかもしれない

でもいつも 投げ掛ける言葉は同じ 否定ばかりの冗談で逃げているだけ


僕が独りよがりに 他力本外に 矛盾した記憶でさえも 希望に変えられたなら

この世界は今以上に面白い想いに変わっていくのか


生きていることが 無駄に想えて 意味のない答えばかり探して

家庭を持って 未来を育んで 愛と憎しみに向かう人たちは本当に素晴らしい


それが僕には 対して興味のないことでも 


夜が暗闇に包まれるなら 僕は静寂に身を捧げて

怠けてしまった命の欠片を 壊してしまいたい


そんな勇気も これっぽっちの反抗も 埃のように舞う 今日この頃

emoscore * 否定だらけの人生の詩1。 * 20:56 * comments(1) * -

flow

 虚ろな僕の瞳 届かない君の悲鳴

音が堕ちて魂が流れて 晴れやかな空も息を止める

怖くていけない 面倒で終わらない

夢が埃のように 紅が海のように広がっていく


誰にも 何にも 興味や好奇心のない日常

慣れすぎたハードル 閉じ込めすぎたナーバス

君の言うとおり 僕には生命力が足りない

酔い痴れた柔らかな静寂に身を寄り添えて


ただ恋は儚くて ただ愛は受け止め切れなくて

日曜日 放心状態のまま夜を待ってるだけで

独り寂しいなんて言葉に想いを託したくなくて

強がっても弱がってもいない ありのままの表情に人は感情と勘違いして


解決のないお金なんか要らない おとぎ話の情熱も要らない

信じあえること 尊敬という名を放り出さないこと

汚れを知る勇気を称えること 前に進まない理由に諦めないこと


言い訳しないこと


それが僕の糧となり おどけてみせる一つの笑顔も

まだ未熟なもので愚かなもので 孤高の存在を確かめるように

退屈な毎日で 中途半端な生きがいで 愛を越えられない生き方で



嫌になって 全てを忘れる 無理矢理に物事を進める 最低な日々

だけど何よりも平穏で 逃れられない運命かのように 誤解した罪と罰


背負う重さに 僕は甘やかされている それじゃ明日はみえない


君のために 僕のためにを追求して 生きる尊さを学びたい



無力な僕に生きる証拠なんてあるのだろうか 

我が儘な自己嫌悪で優柔不断に物事を左右するなら 僕は僕を消したい



なんて否定的な人生なのか 耐え難い道のりが我が身を削って人を見失っていく



壊れるなら壊してしまいたい けれど君だけはどうにか守りたい



君の笑顔はとても優しいから 甘い季節には欠かせないから 月のように輝いていてほしい
emoscore * 否定だらけの人生の詩1。 * 11:11 * comments(0) * -

no mean

溢れる涙を止められなくて

浅い眠りから意識を起こした

繰り返し想い浮かべることは

昨日と同じ 悲しい記憶だけ


こんなふうに言葉を綴って

少しでもいいからと心を軽くしてみるけれど

泣き疲れた瞳に映るのは曇った空模様

薄暗い朝に光を照らして どうか私を包み込んで


幼い頃 なぜか不安になると母に確かめた

“産まれた理由を知りたい”と

返ってくる答えに深い意味などないけれど

環境に圧されたからだと聞く度に虚しくなった


時には人は照れ隠しで愛情を示すけれど

ずっと隠したままじゃ何も伝わらない

心の奥に曖昧な裏切りを感じ続けたまま

未来に期待をするなんて今もまだ受け入れられない


沢山の経験をして強くなりたいと願えば願うほど

変えられない自分に絶望をしてしまう

白い腕に残った傷は消えることのない傷みを証拠として

儚い夢に責任を堕としていく


もうすぐ温もりさえも尽きてしまいそうだ

誰からも信じてもらえなくなって

希望を捨てずに闘う勇気も持てなくなって

ため息ばかりに浸ってしまうように


そんな退屈な日々

窓から差し込む太陽の光に救いを求め

哀しい詩を最後に一つの明かりを灯して

また今日も静かに意識を貫いていく

JUGEMテーマ:日記・一般


emoscore * 否定だらけの人生の詩1。 * 06:19 * comments(0) * -

sight over

哀しい歌を綴って君は僕にどうしてほしいの?

何を愛しているのかも解らない曖昧な答えで

人に想いを感じて伝えられてもいない傍にあるのは

涙も枯れ果てた傷跡が残る左いとしだけ


心を開けない理由を何処に求めても見つからない

僕が君に想いを投げ掛けようと受け止める術を知らないから


みんなきらい、じぶんもきらい


繰り返す言葉の一つ一つに優しさは溢れていない

否定だらけの真実に嘘がないのと同じ

朝を迎えるまで夜を過ごせないと言い聞かせて


また心を深く閉じてしまう


冬になれば人の痛みを感じて

春になれば人の温かみを求めて

秋になれば人の儚さに身を委ねて

夏になれば人の勢いに負けそうになって


ただ僕は君に逢いたいだけなのに


君は僕に逢いたいと言えばいいのに


なぜ素直になることを恐れてしまうの?


見つめなおして
emoscore * 否定だらけの人生の詩1。 * 01:50 * comments(1) * -
このページの先頭へ